今回は夫と妻、子供2人で夫が死亡した場合の遺産相続について計算してみます。

1.資産総額の計算

夫の所有する資産が、現金・預金・株式など10,000万円(1億円)、土地・建物合わせて2、000万円、生命保険金は4,000万円で、合計16,000万円(1億6千万)と仮定します。

ここの計算で重要な要素は、「小規模宅地の特例」を活用できるか否かです。

土地の時価は5,000万円ですが、同特例を活用することにより、相続税評価額は4分の1の1,000万円まで下がるからです。

小規模宅地の特例を活用するには、他に必要な要件があり計算が複雑ですので、詳細についてはご相談ください。

※小規模宅地の特例活用:5,000万円×(1-0.8)=1,000万円

2.基礎控除

相続税の計算にあたり、上記で計算した資産総額(課税遺産総額)から一定の金額を差し引くことが出来ますが、これを基礎控除と呼びます。

基礎控除は3,000万円に600万円×法廷相続人数を足した総額になるので、このケースでは4,200万円です。

従って、課税遺産総額は16,000万円から4,200万円を引いた、11,800万円(1億千8百万)です。

※基礎控除額:3,000万円+600万円×2(法定相続人の数)=4,200万円

3.相続遺産の按分

遺産の按分は基本的に遺言書に従いますが、ここでは法定相続分で分割した場合の計算を行います。

法定相続分は課税遺産総額に対し、妻が1/2、子供がそれぞれ1/4です。従って、下記の金額となります。

4.課税額の計算

下記の国税庁による「相続税の速算表」をもとに、各自の相続額を計算してみます。

➡この結果

※実際は、配偶者控除を適用することにより妻の相続税はゼロ

上記の計算によると、納税額は妻1,070万円、子1)392万5千円、子2)392万5千円です。

このケースでは現金・預金・株式が1億円ですが、これをタワーマンション等の節税に向いている不動産に換えて相続させると、納税額を大幅に減らすことが出来ます。

実務ではより多くの要素を考慮するため、計算ははるかに複雑になります。

大切な遺産は、いずれ奥様からお子様へ、お子様からお孫様へ引き継がれていくものです。

最初の相続の基礎設計・ビジョンを明確にすることにより、より多くのお金をご遺族に残せるよう、ベストを尽くします。