アパート・マンション投資のリスクについて取り上げてきましたが、今回はメリットについて説明しようと思います。

不動産に対する相続税は、不動産の時価(市場価格)ではなく、路線価と固定資産税評価額が基準となって計算されます。

この結果、時価と路線価の差が大きい不動産は、相続税評価額が時価に対して極端に低くなるのです。

実際の節税度合いはケースバイケースですが、区分所有マンションや賃貸マンション一棟に投資した場合、相続税評価額は時価の2~3割程度に抑えることも可能です。

特に、タワーマンションは、低層階と高層階の時価が大きく違うため、路線価と時価の差が通常の不動産より大きく、高い節税効果を得ることが出来ます。

一方で、タワーマンション投資等が活況な中、当局から税制度の見直しや投資リスクについて注意喚起する動きがあることも事実です。

弊社では最新のトレンドを把握した上で、お客様に最適な相続プランを提案致します。